新座市エリアの不動産業者を探したい人のための総合サイト

センチュリー21 フクシマ建設
取扱い物件情報
新座市にどっしり構えて28年。戸建てからマンション、土地まで幅広い物件を紹介してくれます。世界トップクラスの不動産ネットワークを持つ、センチュリー21の店舗です。
マックホーム
取扱い物件情報
たすく
取扱い物件情報
HOME » 家を買う前に知っておきたい情報 » 新座市の公共サービスは? 住民が受けられる助成金

新座市の公共サービスは? 住民が受けられる助成金

不動産を購入する場合、市や区の公共サービスもだいじなポイントです。公共サービスがよいとそれだけエコノミーに生活ができます。新座市で実施されている、補助金・給付金などの市民のためのサービスを紹介します。

新座市で受けられる住居関係の補助金

新座市で支給される家のリフォーム等への補助金を紹介します。

新座市個人住宅リフォーム資金補助金交付制度

個人住宅の増改築などで、50万円以上を必要とするリフォーム工事の費用の5パーセントを援助ししてもらえます。ただし最高金額は10万円で、新座市役所に指定され、新座市内で営業している建築業者による施工の場合に限ります。

新座市高齢者居宅改善整備費助成制度

新座市に住居を持つ人で、家族である高齢者または身体障がい者のためのバリアフリー工事をする必要がある場合に、費用の一部を助成します。助成金の上限金額は40万5千円です。

新座市耐震改修等助成制度

地震は突然、襲ってきます。いつ地震がきても安心なように、地震で倒壊の可能性のある住宅の建て替えに対して支給される助成金です。1981年5月31日以前に着工し建造された木造二階建て以下の住宅が、倒れてしまう可能性が認知された場合にのみ、建て替え資金の一部として受け取れます。助成金は建て替え費用の23パーセント、最大30万円が助成金として贈与されます。もし家族に、65歳以上の高齢者、または身体障がい者がいる場合は、建て替え費用の100パーセント、最大60万円が支給されます。バリアフリーの工事とダブルで行う場合は助成金がアップします。

分譲マンションの場合も耐震診断・耐震改修に助成金が支給される制度があります。耐震改修助成制度の助成額は、耐震改修工事にかかる費用の23パーセントまたは全戸数×30万円のうち少ないほうの金額で、最高500万円まで支給されます。

新座市で受けられる住宅設備の補助金

新座市では、エコシステムを生活に取り入れることを推奨しています。そのような新座市が提供している補助金は以下の通りです。

太陽光発電システム設置費補助

新座市は地球にやさしい街づくりを目指し、地球温暖化対策のためにも太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用を援助しています。個人住宅に設置する場合や集合住宅で共同で設置する場合、事業用建築物に設置する場合に援助を受けられます。補助金は1キロワットにつき2万円で、最高10万円までです。

省エネルギー設備設置費補助

太陽光発電システム設置費補助と同じ目的で、高効率給湯器や雨水貯留槽など省エネルギー設備を設置する場合に、その費用の一部を援助する制度です。雨水貯留槽は、雨水を利用して植木の水やりや地震などの災害時に生活用水として利用できます。その上、雨水貯留槽を設置することで、道路冠水、河川氾濫の対策にもなります。

この制度は一戸建て住宅だけではなく、集合住宅にも適用されます。

新座市で受けられる子育て関係の補助金またはサービス

新座市は、子育てをしやすい市としても有名です。子育てを経済的にこなせれば出費にかなり差が出ます。

新座市の乳幼児医療費助成

新座市では、子どもが18歳になった年の3月末まで、つまり、高校卒業まで医療費が無料になります。この制度には、家族の収入による限界は設けていませんから、どの家庭の子どもも医療費が無料です。

私立幼稚園就園奨励費補助金(国庫補助対象事業

新座市内には私立幼稚園が12ヵ所にあり、子育てしやすい環境になっています。そのような新座市で子どもが私立幼稚園に通っている場合入園料および保育料の補助が受けられます。

ひとり親家庭や市民税所得割課税額が低い家庭だけではなく、かなり幅広い人たちが補助される制度です。市民税所得割課税額が高額であっても2人目以降は受けられます。年間の補助金は2人目の子どもが154,000円、3番目以降の子どもで308,000円です。また受けられない最初の子どもにも「新座市就園費補助金」として3万円が支給されます。

市民税所得割課税額が211,200円以下であれば、1人目」の子どもから補助金が支給されます。

子育て支援課、児童福祉課など新座市市内の公共施設で「幼稚園ガイド」が配布されていますから、ガイドを参考にして幼稚園を選びましょう。翌年入園を考えている子どものための新しい幼稚園ガイドは、毎年7月ころに配布されます。

パパ・ママ応援ショップ優待カード

新座市では、子育てをしている人たちが、経済的にも楽になるように、「パパ・ママ応援ショップ優待カード」を発行しています。このカードを提示すれば、「パパ・ママ応援ショップ優待カード」協賛店で割引などのサービスを受けられます。そのほか、3人以上の子どものいるパパとママのために、さらにお得な「多子世帯応援ショップ」も始まりました。

子ども食堂の設置

新座市には、NPO法人やボランティア団体による、「子ども食堂」への援助もしており、各地域に子ども食堂があります。子ども食堂というのは、共働きなどのために、1人で食事をしなくてはいけない子供たちの弧食を避けるための活動です。この制度があれば、安心して仕事もできるので、経済的な心配も減少します。

新座市内の物件を扱っている不動産会社リスト
これから新座に住む人のための5つのキーワード
不動産の購入にまつわるお金の話
新座市民が教えてくれた!ホットな不動産情報の集め方
家を買う前に知っておきたい情報
センチュリー21
フクシマ建設
  • 新座市の物件数約50件
マックホーム
  • 新座市の物件数約20件
たすく
  • 新座市の物件数21件
新座市内の物件を扱っている不動産会社リスト
これから新座に住む人のための5つのキーワード
不動産の購入にまつわるお金の話
新座市民が教えてくれた!ホットな不動産情報の集め方
家を買う前に知っておきたい情報

※このサイトは、2015年5月時点の個人で集めたデータを掲載しています。
最新の取り扱い物件情報等は、必ず公式サイトをチェックしてください。

ページの先頭へ