新座市の不動産会社探しお助けサイト » 家を買う前に知っておきたい情報 » 注文住宅の建て方と家造りを工法から学ぶ

注文住宅の建て方と家造りを工法から学ぶ

戸建て注文住宅の主な工法

こちらでは日本の戸建て住宅に用いられている主な工法について紹介しています。それぞれの特徴を知ることで、建ててからの後悔を防ぐことができるでしょう。注文住宅や戸建ての購入などを考えている方はぜひ参考にしてください。

木造軸組工法

日本で古くから採用されている伝統的な木造建築工法です。土台・柱・梁と縦横の木材を組み合わせて骨組みを作ることから「軸組」工法と呼ばれています。レンガや石づくりが多い欧米と違い、地震の多い日本で発展してきた独自の技術です。この工法のみだと横方向の揺れに弱いため、「筋交い」と呼ばれる斜めの突っ張り棒を用いて耐震性を高めています。

柱や壁の位置の自由度が高く、部屋の形や窓の位置も柔軟に変えられる点が大きなメリットです。将来のライフスタイルも含めた住宅設計にしておけば、子どもの誕生や独り立ちなどに合わせて間取り変更、リフォームに対応できるのも木造軸組工法ならではの特徴。通気性が良く、高温多湿な日本の気候に適しているのも特徴です。

一方で気密性の確保が難しいことから温かい空気を逃しやすく寒くなりがちな家が多かったのですが、近年は断熱材が進化しているためほとんど心配ありません。

昔は柱や梁を加工して組み合わせる高度な技術が求められましたが、最近は工場で製作・加工した木材を組み立てる「プレカット」が普及しています。若い大工でも組み立てることができ、技術の差が仕上がりに現れないため高品質な住まいを建てやすくなっています。

2×4(ツーバイフォー)工法

2インチ×4インチの木材と構造用合板(ベニヤ)で作ったパネルを組み合わせて、壁・床・天井全体で建物を支える工法です。2×6インチの木材を使う2×6(ツーバイシックス)工法もありますが基本は同じです。

面全体で揺れを受けるため力が一か所に集中せず、地震や強風などによる揺れの耐久性が高くなっているのが特徴。工場で製作したパネルを現場で組み立てるため、要求される技術レベルが低く、施工不良などが発生しづらいのも大きなメリットでしょう。

パネルを組み合わせてすき間なくつくり上げるため、気密性に優れているのも大きなメリットです。北米発祥のツーバイフォー工法は輸入住宅などで採用が多く、気密性・断熱性を高め冬暖かい家が多くあります。

デメリットとしては、建物全体で耐震性を確保するため壁や窓の位置に制約が多いことが挙げられるでしょう。大きな窓や柱・壁の無い大きなLDKなどは設計しづらく、将来リフォームで壁の位置を変更するのは難しい場合があります。

プレハブ工法

建物を構成する大きなパーツをあらかじめ工場で作り、現場での加工を減らしてスムーズに組み立てる工法をプレハブ工法と言います。

木造軸組工法やツーバイフォー工法なども技術の進化によってプレハブ工法に近づきつつありますが、プレハブ工法はより現場の手間を削減しているのが特徴です。構造によってさらに細分化されますので、それぞれの特徴を一つずつ見ていきましょう。

鉄骨構造

建物を支えるメイン構造に鉄骨材を使用しており、木造と同じように軸組工法やパネル工法などの種類があります。メイン部材は鉄骨ですが、室内の壁や床の下地材には木材を使用することが多く、基本的な住み心地は木造住宅とほとんど変わりません。

防錆処理が施された鉄骨材は木材に比べて腐食に強く、シロアリ被害の心配が少ないといったメリットがあります。重量鉄骨と呼ばれる柱や梁を使った構造など、より耐震性を高めた住まいもあるのです。

鉄骨の柱は移動が難しいため、将来的に間取り変更をしたいという希望がある場合には多少の制限がありますが、あらかじめ家を建てるときの将来のことも考えた設計をしておくと良いでしょう。

プレキャストコンクリート構造

工場で製造したパネルを現場に運び込んで組み立てるのはツーバイフォー工法と同じながら、材質にコンクリートパネルを使っているのプレキャストコンクリート構造です。

木造パネルに比べて耐火性や耐久性が高く、地震などの揺れに対する耐震性も高いのが特徴。マンションで用いられる流し込みコンクリート構造と比べて品質が安定しており、工期が早い点もメリットといえるでしょう。

遮音性が高いのも特徴で、上下階や隣の部屋の音が響きにくく、家族それぞれが快適に過ごすことも可能に。断熱性と気密性も高く、エアコンや暖房の効きが良くなるといったようなことも望めます。光熱費もおさえられるでしょう。

気になる点としては、建設費が比較的高価なレベルであることです。木質構造と比べてパネル自体の重量が大きいため、土地の状況によっては地盤改良が必要になる場合があります。

ユニット構造

最も効率を重視した構造で、パネル工法の進化版とも言える工法です。床・壁・天井を組み合わせた6面体を工場で生産し、そのまま現場に運び込んで組み合わせていいきます。

ドアや電気のスイッチ、窓サッシなどの設備関係も可能な限り工場で組み込んでしまうため、現場作業が少なく工期が早いのは大きなメリット。現場の職人レベルに仕上がりが左右されず、工場のチェック体制で高品質な家づくりができるのも魅力的なポイントです。

ただし、比較的大きいサイズのトラックで搬入することになりクレーンでの吊り上げも必要となるため、周辺道路と土地の広さが必要となります。住宅地などで道幅が狭い場合はこの工法が選べないこともあるため注意画必要です。

また、一つひとつのユニットは分解や加工を前提としていないため、リフォームで大幅な間取り変更するのは難しいでしょう。ユニット自体の交換といった方法で対応できる場合もありますが、費用は通常のリフォームよりかかると考えておきましょう。

意外と知らない基礎構造の種類

注文住宅を検討する際、建物の構造もよく比較する材料としてチェックされますが、住まいを支える基礎の構造については意外とノーチェックの方が多いようです。注文住宅の耐久性や耐震性にも大きく関わる部分のため、どんな構造があるのかしっかり把握しておきましょう。

布基礎

昔から日本の戸建て住宅で用いられてきた基礎の構造です。建物の壁と同じラインで作られたコンクリート基礎で家を支えます。基礎以外の部分については土を残している状態で、材料と手間が少ないためコストを削減しやすいのが大きなメリットです。

一方、土の部分がオープンになっていると湿気が床下にたまりやすく、カビの発生やシロアリ被害を招く可能性も。湿気上がりを防ぐ防湿材やシートを使う方法もあります。

周りが田んぼや湿地帯など、湿気が多い土壌の場合はこうした対策かベタ基礎を用いるのがベターです。ちなみに「布」という文字が含まれますが、「平らに伸びる」という意味を指すため、素材として布を使用するわけではありません。

ベタ基礎

現在の注文住宅でメインとなっている基礎構造で、布基礎でオープンだった床面も一面コンクリートを打設します。床下からの湿気があがってこないため、カビやシロアリ・不快害虫の発生をおさえられる点がメリットです。

また、広い面積で建物を支えるため、地震などの揺れにも強くなります。地盤沈下に対して強いのもベタ基礎のメリットといえるでしょう。材料と手間が増えるため建築コストは高くなりますが、メリットの方が大きいため、現在ほとんどの住宅はベタ基礎となっています。

通勤に便利 駅近物件の多い新座市周辺の不動産会社ベスト3
マイタウン
西武

駅近物件数

94

地域密着の不動産会社
駅近の新着物件が満載

地域の不動産情報を素早く入手し公式サイトでほぼ毎日更新。スタッフの殆どが新座市在住で商業・公共・保育施設などリアルな情報をアドバイス。
※取引態様:仲介・直売
マイタウン西武の
公式HPで物件を見る
マイタウン西武に
電話で問い合わせる
藤和ハウス
東久留米店

駅近物件数

91

現地見学会を開催
スタッフが現場で案内

都内に13店舗を展開する不動産会社。気になる物件は現地見学会で実際に見学が可能。事務所内には商談専用サロンも完備
※取引態様:仲介・直売
藤和ハウスの
公式HPで物件を見る
藤和ハウスに
電話で問い合わせる
東急リバブル
ひばりヶ丘

駅近物件数

88

お金のプロが在籍
不動産購入をサポート

東急不動産ホールディングスの子会社で業界でも大手の不動産会社。取扱い物件数も豊富でファイナンシャルプランナーも在籍
※取引態様:仲介・直売
東急リバブルの
公式HPで物件を見る
東急リバブルに
電話で問い合わせる

<ベスト3の選出条件> ※新座市及びその周辺地域に所在し「不動産販売」を手掛ける会社を選定し、各社の公式サイトに掲載されている新座市の主要路線「西武池袋線」「東武東上線」「武蔵野線」の駅近物件数(徒歩15分以内・賃貸除く)で比較(調査期間:2019年6月)